首页 >> 论坛 >> 新闻
字体∶
児童養護施設からオランダ連れ去り 国際手配の実母、書類送検

东洋网友 (发表日期:2018-12-08 14:54:55 阅读人次:386 回复数:0)

  10年前、大村市の養護施設にいた娘をオランダに連れ去ったとして、警察は、国外移送目的略取の疑いで国際手配していたオランダに住む42歳の母親を書類送検しました。

  
書類送検されたのは、オランダに住む42歳の女です。

  
10年前の平成20年10月、母親から虐待を受け、大村市の養護施設で生活していた当時8歳の女の子が、大村市内の路上で連れ去られました。

  
この事件では、女の子を、その母親と協力して連れ去ったとして、祖父など3人が有罪判決を受けていますが、母親は、その後、オランダにいることがわかり、警察が国外移送目的略取の疑いで国際手配していました。

  
警察は、オランダ政府に対し、身柄の引き渡しを求めるなど捜査を続けていましたが、要請に法的な拘束力はなく、現在18歳になった娘が母親の処罰を望まないと話していることなどから、7日、母親の書類を長崎地方検察庁に送りました。NHK12月7日

  
拉致天国-暗黒日本の真実:親子の愛のため、祖国を捨てる決意を日本人実母!児童相談所拉致被害、日本人親子が国外亡命!

  
1、親子の愛のため、祖国を捨てる決意を日本人実母!

  
2007年、この母親の娘が、児童相談所拉致された。

  
長崎子ども女性障害者支援センター(児童相談所)は家庭裁判所へ28条申して、しかし家庭裁判所は同年12月、児童相談所の申立却下。

  
ところが児童相談所は子どもを返さず、高等裁判所に控訴して隔離を続行。

  
高等裁判所は、何らの調べ行なわず、書類審査のみで2008月5月、児童相談所の申立を認容する決定。

  
娘は長崎県内の児童養護施設に措施された。2008年10月、最高裁判所は、高等裁判所を追認。

  
日本の司法って本当に獨裁国家と同じ。推定無罪·疑わしきは子どもの利益に·なんて全く存在しないし···

  
2、拉致天国-暗黒日本の真実:『 児童相談所拉致被害親子が国外亡命 』

  
長崎県大村市の児童養護施設に入所していた小学3年女児(9)がオランダに連れ去られた事件で、長崎県警から所在国外移送略取容疑で国際手配されている母親(32)が、オランダの裁判所から女児との同居を認められ、オランダ中部の都市で女児と一緒に暮らしていることが分かった。

  
日本では女児は母親から虐待を受けたとして施設入所の強制措置が取られていた。母親は読売新聞の取材に応じ、女児を連れ去ったことを認めた上で「ずさんな調査で虐待があったとして引き離され、一緒に暮らすには連れ去るしかなかった」と話している。

  
厚生労働省虐待防止対策室によると、施設入所の強制措置を受けた子どもが親から海外に連れ去られたケースについて「聞いたことがなく、どう対応すべきか分からない」としている。

  
母親によると、現在、オランダのIT関連企業に勤務している。昨年10月24日、女児を施設近くで連れ去り、同26日に以前に働いたことがあったオランダに入国。その後、女児は日本側から連絡を受けた警察に一時保護された。母親については、同30日から現地の裁判所で虐待の有無などを調べる審判が行われた。

  
審判の決定書によると、計4回にわたる審理で、「現在、虐待の兆候や心配はない」と判断。社会福祉士や医師らの母子に対する支援態勢が整っていることなどから、12月29日、「子どもの安全を保証することができる」などとして、母親と一緒に暮らすことを認める決定が出された。日本に帰国したら、逮捕ですよ!

  
——-

  
3、オランダへの女児連れ去り、施設入所反対の男らが関与

  
長崎県大村市の児童養護施設に入所していた小学3年の女児(9)を母親(32)がオランダに連れ去った事件で、母親は、虐待を受けた子供を強制的に児童養護施設などに入所させる措置に反対する団体をインターネットを通じて知り、同団体メンバーの大学生馬場恵一被告(43)(岡山市、所在国外移送略取罪で起訴済み)と連絡を取り女児を連れ去っていたことがわかった。

  
連れ去りには女児の祖父の無職迫田星被告(81)(大阪府高槻市、同)と、母親の元同僚の職業不詳奥田健作被告(28)(兵庫県伊丹市、同)もかかわっていた。

  
母親によると、女児の児童養護施設への入所を巡り、福岡高裁が強制措置を認める決定をした後の昨年7月、この団体を知り、「子供と一緒に暮らすにはどうすればいいか」などとメールで相談。「施設から連れて帰るしかない」との回答があった。10月下旬、馬場被告と岡山市内で合流、そのまま女児が入所していた大村市の施設に向かって犯行に及んだという。起訴状では、施設近くで母親が女児を車で連れ去る際、馬場被告は施設長を取り押さえていた、としている。

  
この団体はネット上でブログを開設し、「児童相談所による被害を受けた家庭の交流と支援、情報提供、児相被害者の救済」を目的に掲げている。主宰者や実際の活動内容は不明だが、「児童相談所は『虐待疑い』で強力な介入を行い、実際には虐待ではない家庭の子供を職権で連れ去り、そのまま返さない虐待冤罪(えんざい)事件が多発している」と批判している。

  
同様の団体は複数あり、児童相談所への抗議活動を行っている団体もある。(1月19日読売新聞)

  
——-

  
4、長崎県警と長崎子ども女性障害者支援センター(児童相談所):「虐待の事実は日本の法廷認容されている。我が子を連れ去るのは 犯罪だ!」

  
今も措施解除出さず、一時帰国の時母親を逮捕と娘の再度拉致(一時保護)を狙う。

  
以前: 強制不妊手術!48年6月、超党派で議員提案され、同月に全会一致で可決、同9月に施行、49年5月に改正された。

  
将来: 必ず強制不妊手術と同じく児童拉致誘拐所、児童養護監獄、里親、特別養子縁組、虚偽DV防止法、親子割断などの悪政一齊提訴を!

  
写真:https://kyuen365.wordpress.com/




 敬请留言(尚未注册的用户请先回首页注册)
用户名(必须)
密 码(必须)
标 题(任意)
内 容(1000字以内,图片引用格式:[img]图片连接地址[/img])
    添加图片
    
 
Copyright ◎ 2006-2010 东洋镜工作室 All Rights Reserved